忍者ブログ
8月中旬に鳥さんの性別鑑定を予定しています。                         便乗ご希望のかたは2/6の記事をご覧ください。               現在コメント欄は使用してませんので、                       御用のかたはメールくださいませ~( ̄人 ̄)
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オカメのひなちゃんは4羽になりました。
今のところ、みんなすくすく育ってますヽ(*´▽`*)ノ
 
楽しみに待ってくださってるかたに見てもらおうと思って写真を撮ろうとしたのですが、
シャカリキお父ちゃんが泣きそうなお顔をしてウルウルした目で
「ぼくの赤ちゃん、連れてかないで・・・(´・ω・`)」と訴えるので、
「うんうん、そんなことしないよ」と約束してしまいました。
威嚇には動じない(むしろ萌える)私ですが、泣き落としには弱いのです。
そんなわけで、巣上げするまでひなちゃん写真は撮りません~。



このところ「椿を種から育てる」というお題で検索かけてこられるかたがいらっしゃるので、
うちの実生椿のその後を・・・。
5年前に蒔いた椿の種。
何の処理もしないでただ土に埋めただけだったので、腐ってしまったのかと思ってたら、
半年くらいたったころに芽が出て、そこからちびちび育ってきました。
が、その成長の遅さったら、もうもうもう・・・( ゚д゚ )

 

4年たってやっとこさ樹高20cm。
花が咲くまでまだ何年もかかりそうですemoji
 
私にとって実生椿は実験くんなので、
これだけ成長の遅い植物はむしろおもしろいし、
 先祖返りして親と違う花が咲くのも楽しみのひとつなんですけど、
「早く花が見たい」とか「親木と同じ花を見たい」ってかたは
 種を蒔いたりせずに苗木を育てたほうがいいですよー。

椿の苗木は花屋さんやホームセンターでも売ってますが、
「たくさんの種類からよい状態のものを」ってなると、
やっぱり専門のナーセリーからお取り寄せするのがいちばんです。
私のオススメは愛知の前田ナーセリーさん(こちら )。
製品カタログの写真がとってもきれいで、見てるだけでも楽しいですよん♪
PR
「詳しくは後日別記事にてUP予定ですが」とトップ記事にお知らせをちょこっと載せておいた
知人宅で生まれたウロコひなちゃん、あっというまに3羽みんな里親さんが決まりました。
早くもそれぞれのおうちにお迎えされて行ったようで、
よいご縁をつなぐお手伝いができてよかったなぁ、と思います。
それにしても、ウロコ、すごい人気ですね~w(*゜o゜*)w


ひさしぶりにお花の話題を。

136ccf22.jpg
 
今うちでいちばんきれいに咲いてる、西洋オダマキの「ウィンキーダブル レッド&ホワイト」です。
くしゅくしゅフリフリの八重の花びらがとっても可愛いの!
タキイさんからお取り寄せして、もう3年目。
いっしょにお迎えした「ブルー&ホワイト」は去年の夏に枯れちゃいましたが、
この子はこれまででいちばんの花付きで、たった一株とは思えない華やかさです。

実は、私、こういう草花系って以前はあんまり好きじゃなかったんですよね~。
特に一年草は枯れてしまって残らないのがなんか損したような気がして。
でも、最近になって「残らないからいいんだ」と思うようになって、
今まで敬遠してた草花をどんどん連れて帰ってくるようになりました。
残らないってことは置き場所を考えなくてもいいんですよね~( ̄▽ ̄)


こちらはもう花期が終わっちゃったけど、写真を撮ったままUPしそびれてたので、私信をかねて。
いただきもののクリスマスローズです。

248efbe7.jpg

おりおりさんのご実家からいただいた自家受粉シリーズ。
交配親は「dd クリーム X dd 糸Pico」。
真っ白の花びらの中心にピンクの筋が入った、ウェディングドレスを思わせる清楚なお花です。


0e12c1a5.jpg

こちらもおりおりさんのご実家からいただいた自家受粉シリーズ。
交配親は「dd Pico X dd 糸Pico」。
白から赤紫へのにじんだような色の変化がきれいです。


ad1778ec.jpg
 
こちらはNさんからいただいた「ウィンターシンフォニー DDアプリコットバイカラーピコティ」。
うちで初めてのアプリコットのクリローちゃん。
バイカラーなので正面と背中側で色が違うんですよ~。
お花は小輪で、それがまたこのお花の可愛らしさを際立たせてます。

Nさんからは先日またまた株分けしたグリーンのダブルのピコティをいただいちゃいました(*゜▽゜*)
1年間だいじにお世話して、お花が咲いたらまたUPしますね~。 
ご心配おかけしました
今回はひさしぶりにキツくて、
亡くなった子のきょうだいを見るのもオカメの雛ちゃんを見るのさえもつらかったのですが、
すこし日にちがたってなんとか気持ちが上向きになってきました。

鳥さんで落ちた気持ちは鳥さんでしか持ち上げられない。
やっぱり私はこの小さな生きものがどうしようもなく好きなんだなぁ、と思います。
のびのびにしてるぶんちょこ雛ちゃんの巣上げも今週末にはやっちゃわなきゃだし、
元気ださないとですね~。
 
でも、まだ鳥さんの話題はちょっとしんどいので、今日はお花のことを・・・。


今年は椿がとてもきれいに咲いてくれました。
その中でもいちばんきれいだったのがこちら~

d344cde2.jpg

江戸時代からの銘花『菱唐糸(ひしからいと)』。
お迎えして1年目の昨年はお花の時期と雨が重なって花弁が傷みまくり
いいとこいっこもなしなかんじでしたが、今年はようやく本来の美しさを見せてくれました。
私の写真の腕がイマイチなのが残念なんですけど、
厚みがあるのに透きとおるようなピンクの花びらと白いしべが
砂糖菓子みたいでとっても可愛らしいんですよ~(*´∇`*)
うちの菱唐糸はまだ高さ30cmくらいのちびっこちゃんなんですが、
不似合いなくらい大きくて華やかなお花をぼんぼこ咲かせてます。



2e18cc88.jpg

こちらはお迎えして二度目の冬、やっとお花を見せてくれた『ナイトライダー』。
ニュージーランドで作られた八重咲きの椿です。
黒みがかった赤い花色と蝋梅(ろうばい)のようなワックス感がかっこいい!
気持ち悪いくらいたくさんつぼみをつけてくれたけど、
ちゃんと咲かせるにはちょっとだけ気遣いが必要みたいで、
雨よけをしつつ、でも株元には毎日しっかりお水をやってあげないと、つぼみのまま落ちてしまいます。
うちにいる他の椿たちはこういう気遣いをしなくてもちゃんと咲いてくれるので、
やっぱり基本的にはニュージーランドの気候に合った椿なのかも。



a28bf42e.jpg

去年もUPした『胡蝶侘助(こちょうわびすけ)』。
濃桃色に白の斑模様が入るんですけど、このお花はかなりピンク多め。
個人的には白が多いほうが好きです。


今年の初めにUPした『細雪(ささめゆき)A』も一輪一輪惜しむかのように咲き続けてくれてますが、
そろそろ椿の季節も終わりですね~。
わがやの周りでは桜がちらほら咲いてます。

いのち萌ゆる春。
すべてのいのちが健やかに育ちますように。
春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の、
それぞれの季節にそれぞれの花がありますが、私はとりわけ冬の花が好きです。
耳が痛くなるくらいの寒さの中で咲いてる花を見ると、そのけなげさに胸がいっぱいになります。

わがやではもうすぐクリスマスローズとシンビジウムが咲きそう~。

image3.jpg

クリスマスローズは園芸店で3号のポット苗で売られてたもので、
たしかピンクのパーティドレス&レッドのダブルを交配させたものだったような…。
お迎えして3度目の冬、やっとお花が見られます~ヽ(=´▽`=)ノ

シンビジウムは勤めてたお花屋さんで売れ残って処分されるところだったのを連れて帰ってきた子。
「伊都の風水」という種類で、黄色い花が咲きます。
矢印が花芽なんですけど、去年は2本だけだったのが、今年はなんと8本も!w(*゜o゜*)w
この2年、ほとんど何のお世話もしてないので、こんなに花をつけてくれてるのが申し訳ない

こんなふうに言うと、
「『ほとんど何のお世話もしてない』って言っても、そこはプロなんだから、それなりのことはしてるでしょ!」
って言われるんですけど、ほんとに何もしてないのですよ~
肥料は最初の春に一度あげたきり、病害虫の予防はしたことないし、
連れて帰ってきたときのプラ鉢のまんま、株分けや植え替え、芽かきも全くやってないし、
暑くても寒くても一年中テラスに出しっぱなし。
おまけにあっちこっち広がる葉っぱがじゃまなので、↓みたいに葉っぱを麻ひもで縛りあげちゃってるし。
タカからは「あれ、虐待ちがうん?」とまで言われてます…( ̄▽ ̄;)

659f5265.jpg

 こんな環境でも毎年咲いてくれるシンビジウム。
蘭の中ではいちばん丈夫で育てやすいと思います!
これから冬の終わりにかけて、花の終わった株がお花屋さんの隅っこでセールになってると思いますので、
気に入った花色のがあったら育ててあげてくださいね~。

私は今年こそこの不憫な子をちゃんと株分け&植え替えしてあげようと思います
冷え込む日があるものの、この冬はやっぱり暖冬ですね~。
わがやでは12月中旬から椿が咲いてます。

うちに来て二度目の冬を迎えた「細雪(ささめゆき)A」。
真っ白な花びらとお茶せんのようなしべ、品のいい小輪。
白だけに花傷みが目立ちやすいのが残念ですが、飽きることのない美しさです。

7d46be66.jpg

実家の庭に椿やサザンカが植わってたので、もともと椿は私にとって身近な花だったのですが、
身近すぎてあまり気に留めることがなかったんですよね。
自分で育てるようになって、1年を通して椿を観察するようになって、
どんどん椿の魅力にはまってゆきました。

椿は花が終わるとすぐに翌年の花の準備をはじめます。
春の初めにはもう次の冬のつぼみを持っていて、
10ヶ月ちかく、それをだいじにだいじに育てて、寒さの厳しい真冬に花を咲かせます。
バラみたいに気候のいい春や秋を選んで、
わずか数週間でつぼみを育てあげて咲かせたほうがどんなに効率がいいだろうに、と思います。

大変な思いをしてきたはずの椿の花はそんなのちっとも感じさせないくらい、穏やかで控えめです。
周りがいつどんなふうに花を咲かせてようと、そんなことはどうでもよくって、
ただただ自分の花を咲かせられたことに満足してるかんじ。
その凛とした生きかたが好きです。

私はバラも好きなんですけど、ときどき、あの、
「見て見て!私、きれいでしょ!」って自己主張の強さが暑苦しくなってしまうんですよね~

今年はニュージーランド生まれの椿「ナイトライダー」もたくさんつぼみをつけてくれてます。
ナイトライダーの花を見るのは私も初めてなので、とっても楽しみ!ヽ(=´▽`=)ノ
かなりかっこいいらしいので、咲いたらまたUPしますね~。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り