忍者ブログ
8月中旬に鳥さんの性別鑑定を予定しています。                         便乗ご希望のかたは2/6の記事をご覧ください。               現在コメント欄は使用してませんので、                       御用のかたはメールくださいませ~( ̄人 ̄)
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とってもおひさしぶりでございます~
3ヶ月間お休み状態のブログでしたが、遊び呆けてたわけじゃなくってですね、
罰ゲームのようなお仕事をしてたり、「挿し餌、挿し餌、あ-んど挿し餌」だったりで、
ちょっとぐったりしてしまってました・・・。
でも、罰ゲームのようなお仕事は今月いっぱいで終わり!(ノ゜▽゜)ノ
挿し餌のほうはあいかわらずだけど、それもずいぶん慣れてきたので、
またぼちぼちブログ書いてゆこうと思います~。

「挿し餌、挿し餌、あ-んど挿し餌」は、
うちで生まれたオカメの雛ちゃんやら、ご縁があってお迎えさせていただいたもごもごの雛ちゃんやら、
体調を崩してる2歳児オカメやら(これがまた嬉々として挿し餌を食べるのです)、いろいろいたのですが、
いちばんのぐったりのもとはルリガシラセイキチョウの雛ちゃんでした。

はい~、びっくりなことに生まれたのですよ~。
で、覚悟はしてたんですけど、やっぱり途中から私が育てるはめになりました・・・Σ(゜∇゜|||)

それにしても小さい子って成長が早いですね。
生後2週すぎにはお父ちゃんお母ちゃんとほぼ同じ体重10gになり、
3週に入るとびゅんびゅん飛びまわるようになりました。
ちっちゃいぶんすばしっこくて、連れ戻すのがもう大変・・・


 
00980562.jpg

しっぽが黒っぽく写っちゃってますが、ほんとは濃いブルーで、写真よりずっときれいなんですよ~
宝石のような鳥さんで、「サファイア」という別名も納得。
(あれ、「サファイア」はほっぺのあるほうだったっけ・・・?)
女の子の場合はおとなになってもこんなかんじですが、
男の子だと鮮やかなターコイズブルーに変身!青色の部分ももっと多くなります。
 


5d60a157.jpg

キンカチョウのひなちゃんを育てたことのあるかたはおくちの中のくまさんマークをご存知だと思いますが、
セイキチョウのひなちゃんのおくちにもくまさんがいるんですよ~。
目と鼻だけで、キンカと比べると手抜きですが・・・( ´,_ゝ`)
この写真でわかるかな~。



e0d675bc.jpg

手の中にいるとねむねむになっちゃうのはどんな鳥さんのひなちゃんも同じですね。
やっぱりこのまま寝ちゃいました・・・
寝顔がぶちゃいく~( ´,_ゝ`)



このへんのフィンチのひなちゃんは
「無事に育ったと思ってたら、雛換羽あたりで突然体調を崩して落鳥」ってことが少なくないので、
まだほんとにちっとも安心できないんですけど、なんとか育ってくれたらいいなぁ、と
祈るような気持ちでいます。

いつか、日本生まれのセイキチョウが当たり前に出回るようになって、
ワイルドが入ってこなくなりますように。
PR
初めての冬も元気いっぱいに過ごしてる、チルチルミチル@ルリガシラセイキチョウ。
巣引きはまだ何ヶ月か先の予定だけど、今のうちに巣箱をお取り寄せしておきました。
(巣箱に入ってるのは焼きもののモリフクロウちゃんです~)

5f2f944d.jpg

1cm厚の板を使った、しっかりした作りの巣箱
ケージに引っ掛けて使えるように、うしろに打った釘をL字形に曲げてくれてます。
私はつぼ巣よりも巣箱のほうが好きなんだけど、使うのは私じゃないので…、
巣箱とつぼ巣の両方をケージに入れて、気に入ったほうを使ってもらう予定です。



ルリガシラセイキチョウはしっぽが長いため体が大きく見えるのですが、
実際は十姉妹よりも小さくて、成鳥でもわずか11gほど。
は可憐な容姿に不似合いな骨太なお歌とかっくんかっくんダンスでに求愛します。
その姿が可愛くってね~、何度か動画を撮ろうとがんばってみたんだけど、
カメラを向けるとやめちゃうの(´・ω・`)
でも、とってもよく撮れてるサイトを見つけたので、ぺったんしときます~。

http://www.twolittlefinches.com/cordon-bleu.html
「セイキチョウ」「フナシセイキチョウ」「ルリガシラセイキチョウ」の3種の違いがよくわかる写真と
求愛ダンスのビデオがあります。
うちのチルチルもこんなふうに毎日踊ってるんですよ~(*´∇`*)
巣材をあげてないので、かわりに小松菜くわえてますが…



現在、日本で販売されているアフリカンフィンチはほぼ100%がワイルド(野生捕獲)個体です。
セイキチョウ類は暖かく乾燥した南アフリカの鳥さんですので、寒さと湿気には弱く、
お迎えから3ヶ月以内と初めての冬の落鳥率がとても高いと言われています。
温度や食餌など、文鳥や十姉妹と同じでは長く生きられません。
初心者向きの鳥さんではありませんので、しっかりお勉強されてからのお迎えをおすすめします。


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り